Work

01.jpg

20050810 (2017) 

れは私の「喪失」への対峙でありながら

「遺品」私からの解放でもあり

​「遺品」からの私の人生の解放でもあります

Lucid dream  明晰夢(2018)

この写真の中に渦巻いてる、

抽象的な画像は、

本当は現像液により形成された

私と息子の笑顔であったはず。

それを考えたら、泣けてきた。

​私はまだ夢を見ている。

1_red.jpg
4.jpg
​誰の目にも隠されていないが
誰の目にも触れない(2019)

これは私のストーリであり、

私の人生に対して重大な事件でありながら

「〜そこに最初から存在し、

そして失われることもなく、

ただ誰の目にもふれないもの〜」

​であると感じたからでした。

on going project 
 

胸.JPG